トップページ > 職人

スリランカ式工事

最近の大雨のあと、大家さんが1階を修理していました。

ちょっと覗いてみたのだ。

 

工事は全て手作業です。スコップとバケツ。3人の仕事人。

工事

 

 

用意したのは砂と砂利とレンガ。

工事

 

そしてセメント。その他にも石や土。

工事

 

 

ゲートを高くしています。レンガを積んでます。

工事

 

どこから持ってきたのか。多分どこかの家で要らなくなった?塀ブロックみたいのを打ち砕いてます。外の排水溝も掃除して蓋を付けてもらいました。

工事

 

 

これはね、車庫と芝生の間に小さな壁を作ってます。芝生に溜まった雨水が車庫に入らないようにだって。レンガで壁を作って砕いた石をアンコにします。上からセメントと砂を混ぜたコンクリートで山みたいな形を作ります。

工事

スリランカの市街地でたまにありますが、スピードを落とすために道路にモコってある長いコブと同じです。

 

ここは一段下がった足湯みたいな不思議な空間だったのを埋めてるとこ。この下には石と土を入れて嵩上げして上をセメントと砂と砂利と水を混ぜたので整えてます。

2人がスコップ持って餅つきみたいに混ぜてたよ。1日半置いといてでコンクリートで最終仕上げするそうです。

工事

 

 

ゲートを高くしていたおっちゃんの吸い殻。マリファナ!?と思ったらスリランカの巻きタバコだって。麻薬じゃないよ。

工事

 

今回の職人さん達は珍しく早朝からやって来てパッパと仕事を終わらせ夕方には完了しました。スリランカでは貴重な人材です。

 

 

でもこんなにやってたのにまた雨が降ると家の中に雨水が入ってきてしまった。一体何が悪いんだろう。なんかね、床から雨水がにじむようにきたらしいよ。大家さんまた別の対策を考えてますが床下から雨水ってなんなの?

 

屋根の修理 また…。

スリランカは雨の季節になったようです。スリランカ気象庁からも大雨注意がでていました。雨といえば、屋根を修理したはずが完璧じゃなかったようでまた部屋に雨が降り始めました。あんなに大家と喧嘩したのにまたやるの~?

前回の壮絶キャットファイトはこちらから。

大家と喧嘩したよ 前半

大家と喧嘩したよ 後半

 

もうここまで来るとなんでもやってくれと諦め気分になっています。今回は大家の言うとおりハイハイそうですかーと協力してます。つまんない?

今回は大家さんと修理屋さんの戦いぽいですよ。大家さんケチだから最初の見積もりが本当に安いのか疑って、修理見積もりを何人にも頼むので我が家はその都度案内しました。そして毎回値切るから修理屋さんは皆気分を害して帰っちゃいます。メモ子よ、なぜそこで怒らないのだ?と思うでしょうか。

見積もりに来た修理屋さんで良さそうな人の連絡先ゲットしたので、自分たちが負担する修理はその人にやってもらうことにしたんです。楽していい修理屋さんが見つかってよかったです。そこから腕の良い電気修理さんも紹介してもらった。

 

で、なんとか修理が始まりそうなのですが大家さんがポツリと「下の家族はまだ住んでいるのかしら」と。1階の奥さんのことがまだ怖いらしいです。(前回キャットファイト記事参照)私も大家に怖がられるくらい貫禄つけたいなあ。

そうこうしている間に雨期になっちゃいました。修理屋さんは来るが雨が降ってると仕事ができないからと帰っちゃう。

今度はしっかりと修理して欲しいです。

でも大家が「今、あまり持ち合わせがないのよね」って言ってたからまた中途半端になるのかなあ。