トップページ > 知恵

ザ!クイズ これは何でしょう。 吊り小屋

久しぶりのザ!クイズです。

この前バッタラムラにあるアペガマという500年前のスリランカの人々の暮らしを再現した村に行ってきました。ここでは職員さんたちも村人になって半分暮らしています。すごいね!

 

村の中に小屋がぶら下がっていました。

え?なんだって?

小屋です。小屋。ほらね。

家

さて、ここでクイズです。

 

これは何の小屋でしょうかー!(4択)

1. 悪さした子供を懲らしめるためのお仕置き部屋。朝まで降りれない。

2. 泥棒を捕まえた時に閉じ込めておく牢屋。下からやりで突く。

3. 米や食料の貯蔵庫。村の真ん中に吊ってあるから誰も盗めない。

4. にわとりコッコちゃんの夜用ベッド。朝の目覚まし係。

 

木と木の間に縄を張って吊ってます。子供がひとり入れるくらいの大きさです。外から中がよく見えます。

 

わ~、なんだか今回は難しいですねぇ。なんてったて500年前のスリランカですから。想像もできない物がありますね。

 

 

チコチコチコチーン。

はい時間切れー。

 

 

正解は

4. にわとりコッコちゃんの夜用ベッド。

でした!

 

夕方になるとハシゴを吊り小屋に立てかけると、コッコちゃんが自力で小屋まで登ります。(ウソみたいだけど本当。)登ったらハシゴを外します。

 

 

これがアペガマのコッコちゃんとハシゴです。

 

アペガマ

夜はそこでご就寝。コッコちゃんハウスは集落の真ん中にあってどの家からも見え、野良犬やニワトリ泥棒からも守ってくれる安全地帯です。

 

アペガマ

 

朝になると、村の目覚まし係コッコちゃんが「コケコッコー!!」と鳴き、村人を起こすのです。

朝はまたハシゴを伝って自力で地面に降りてきます。

 

すごいね!

 

半信半疑だったので家に帰ってお手伝いさんにコッコちゃんハウスは実在するのか聞いてみたら「あ~、あるある。自力で登るよ。」だって。

 

コッコちゃんクレバー!

 

ちなみに貯蔵庫はコッコちゃんハウスの下にある小さい小屋です。

貯蔵庫

 

 

ココナッツの花壇が可愛い。

 

アペガマ

 

アペガマ。入場料は高いけど行ってよかった。

 

コキスを美味しく食べる方法

スリランカのお正月のお菓子です。

新年のあいさつ回りではこのお菓子を持っていきます。お返しも同じようなお菓子です。

果物はバナナ。マンゴとかパイナップルは見たことがない。いつもバナナ。だれでもバナナ。

スリランカ正月お菓子

 

我が家もご近所さんからいくつかもらいますがどれもほぼ中身は同じです。昔は家庭で作っていたけど今はスーパーとかケーキ屋さんで買ってくるんだって。

 

バナナは別としてスリランカの伝統お菓子はかなり甘いです。黒蜜、砂糖たっぷり。そんでほとんどが揚げ菓子なので油もいっぱいです。甘いのにアリンコは寄ってこないんだよどうしてだろう?

 

私はほとんど食べないですが、唯一食べるのはコキスです。

写真の上の黄色い星形の揚げ物。

 

さて、今日はスリランカ人から教えてもらった健康的コキスの食べ方です。

その人は糖尿ぽくて砂糖やクリーム、油分を控えていてスリランカのお菓子も殆ど食べないのです。それでもコキスはこうやったら油が抜けて美味しいよと教えてくれました。

 

用意するもの。コキス、ティッシュペーパー2枚、電子レンジ

コキス

コキスをティッシュの上に乗せます。見た目より油が入ってますから2枚重ねがよいでしょう。(4枚でもいいかも)このように山側(盛上がってる方)を上に置くんだって。油が抜けやすいんだって。

 

電子レンジでチンします。時間は20~30秒。あまり長くチンすると焦げちゃうそうです。最長45秒だそうです。

コキス

 

開けると油がジュージューという音がします。熱いよ!

 

こんなに油が出たよ。パリパリしています。食べるよ~。

コキス

おー!これは!

パパダンだ。コキスがパパダンに変身した!しかも油っぽくない!

 

パパダンはスリランカカレーについてくる平たいおせんべいです。コキスもパパダンも材料は同じかも。

 

お家にコキスがあるかたはぜひお試しください。ほんとうに美味しいから!