トップページ > 怒り

大家と大喧嘩したよ。 後半

大家とメモ子のキャットファイト 前半戦はこちらから

大家と喧嘩したよ 前半

 

30分早く工事を切り上げてもらうのに、ここまで罵倒されて黙ってるわけにはいきません。売られた喧嘩は買いましょう。高値で買いましょうよ。

作戦タイムで練りに練った、無い知恵振り絞って考えたのはこれ。

アメと首輪作戦です。メタボには「日本のブレーンの真髄じゃ。とくと見ておけーい!」と自画自賛も忘れない。

まずメールで怒鳴ったことを謝ります。先手必勝です。相手にまずあらいいのよと思わせるアメなのだ。更に母国語じゃない英語で書くと感情移入も少なくていい。でもソーリーとは絶対書きたくないのでRegret(残念)にしちゃう。

反撃のメールはこんな内容です。

——————-

昨日は朝からお互い罵り合ってBadなスタートとなり残念です。

分かりました。工事は午後5時終了で結構です。そのかわり当日朝9時には必ず仕事を始めるようにしてください。あなたのお兄さんがおっしゃったように1時間で出来る仕事は沢山ありますので、30分でも遅れるとかなりの工事が遅れます。そこのところきちんと労働者管理お願いします。

それから屋根修理でチェックしに来た時に電気メインスイッチは切って下さいと言われましたが、1階(別世帯)の電気も止めるのか確認して下さい。下の世帯には工事があることだけ伝えてあります。

—————–

 

スリランカにお住まいの皆さんはもうお分かりですね。

そうです。そうです。

労働者が時間通りに来るわけ無いじゃん。しかも朝の9時だよ。

大家が夕方の30分をブーブー言うなら私は朝の30分にまず釘さします。相手にプレッシャーを与えました。これで大家はヤベーと思うでしょう。ムギュと絞まる首輪です。

そして最大のパンチ。1階の住民に知らせる。

本当は1階の電気は無関係と思ったんだけど、修理見積もりにきたお兄さんが電気配線に不安がっていたので下も止めるように大家さんに言うだろうと予想しました。

むははは。どうだ、この後の展開が楽しみだわい。

 

大家からは次の日、お互いストレス溜まっていて大変だから気にしないで。電気について確認するわね、ありがとう。とメールが。

ちょろっと罪悪感を感じたけどあの罵倒は許せないのです。

 

前日夕方大家から電話がありました。私でなくメタボおっさんに電話してきたんだけどね。。。

大家 「労働者は遠くからトラックを拾ってやってくるので9時には間に合わないです。10時くらいになるかもしれないけど。」

メタボ 「あー、そーですか。はいはい。」

うぬ~!メタボの馬鹿野郎!そこは、「1時間遅れるんですか!1時間でどんだけ工事が進むと思ってるんですかっ!朝早く起きればいいでしょう!」って言うとこでしょ!!もうやだコイツ。

 

そして当日、朝9時に大家から電話がありました。

「今日は中止です。明日と明後日にします。1階の住民に電話したらすごい剣幕で怒鳴られてしまったわ。もっと早く言ってくれと。今日はパーティーがあって夕方から料理作るんですって。労働者も9時には来れないらしいから。」

 

うははは~。作戦成功ですよ。

絶対1階の人達が文句言うと思ってたんだ!しかも前日に言われたら怒りは2倍でしょうよね。

早速1階に降りて「今日は中止ですって」と伝えたら

「あれ、なんで?電気止めると思って用意していたのに。」だって。

 

1階の奥さん、多分ドッカンと爆発した後スッキリして電気止めてもいいやと準備してたのでしょうね。

「パーティー?ないわよ。」

パーティーも怒ったついでの口から出まかせのようです。ヒャヒャヒャ、おかしい。でも敵に回したくないな。

 

溜飲を下げ、ないと思った電気もあってニコニコ。メタボおっさんは「すごい計画どおりだね。君、ちょっと怖いよ。」私もちょっとやり過ぎたかなと思ったよ。でもまあいいか。

 

そして!問題の屋根工事は次の日労働者が9時前にやって来ました!やれば出来るじゃん!よしよし!

そんでなんと…

午後2時には全ての修理が終わったのでした。9時間×2日間の予定がたったの5時間で終わり。

 

こんな終わり方誰が予想したでしょうか。

 

数日後、道を歩いていたら大家が通りかかって車に乗せてもらいました。私と大家も仲直りして今は平和に暮らしています。

めでたしめでたし。

 

 

大家と大喧嘩したよ。 前半

電話で大家と怒鳴り合っちゃったよ。ふたりとも私は悪くない!と引かなく喧嘩別れ。女同士壮絶キャットファイトでございます。

事の発端は屋根の雨漏り。漏れを通り越してまるで部屋に雨が降ってるような酷さです。腐ったような水で臭いしー。そんでシロアリの巣まであったそうです。屋根には大きな穴が開いていたんだって。

大家さんは修理の人を派遣してくれたんだけど2日間9時~5時まで家中の電源を切らないとだめだと。ゲゲ。

ちょうど夕方から重要な用事があったので、その日だけ4時に終わらせてくれるよう頼みました。エアコンと扇風機無しで用意はキツイ。

9時~17時×2日のうち初日の1時間だけ早く切り上げてくれってスリランカではそんなに無理な注文じゃない、というか言うほどのことでもなかったのに。世間話的にその日夕方から出かけるんだよねえと切り出したところ、次の日電話してきて

 

すごい剣幕で「2日間フルタイムでやらないといけないからそんな理由は通りません!兄もそんなふざけた理由で1時間ムダにするのかって言ってたわ!1時間で仕事は沢山出来るんですからね!私と子供は電気がなくてもパーティーの準備出来るわよっ!なんでそんな馬鹿げたこと聞いてくるのよ!美容院予約すればいいじゃない。友達の家で用意すればいいじゃないの。そんな些細なこと(電気なし)を我慢できないなんて!当日は5時まできっかりやるから!」とyou must manage it とかyou must攻撃。

ブチッ。

マストマストうぜーんだよっ!!私はあんたの奴隷じゃない!!マストなんて攻撃的な英語ばっかり使うな!!譲歩して30分の短縮にもケチつけるんか!入居してからいつも何かしら問題があるじゃないか!契約書にもグッドコンディションで引き渡すってなってたのはどうなってるんだ。じゃあ美容院の料金はあなたに請求しましょうか!一体あなたの兄は何を根拠にふざけた理由と言うのか。大きなお世話だ!30分早く終わった分は次の日夜までやればいいじゃないですか。8時だって9時だって待ちますよ!!

 

もう30分とか停電なんて本当はどうでもよかったけど、大家の言い方にブチ切れる。この人は自分の子供にも命令口調で話すし。以前に大家の子供が我が家のネコにバカ猫!と怒鳴り蹴ろうとしたことも思い出されて怒りの炎がボーボーと燃え盛り、消火は不可能でございます。

 

大家も負けてはいません。普段からとてもヒステリックなところがあったけど、他人(か弱い日本人女性)からふっかけられた喧嘩は倍にして返します。

雨漏りなんてはじめから分かるワケがないでしょっ!!大体修理人が2日間フルにかかるっていうんだからしょうが無いでしょ!電気なくたって用意くらい出来るわよ。子供だって出来るのよ!なんでそんなにわがままなのよ!1時間無駄にしろっていうの!!それならすぐにでも出て行ってもらって全然構わないんだからね!好きにして今すぐ出て行って下さい!プチッ(電話切る)

 

ひーさーしーぶーりーにー目に星が見えるくらい怒りましたよおおーーーーーー。メラメ~ラ

 

大家さんも怒りが収まらないようで、なんとメタボおっさんに電話してきました。

あなたの奥さんあんなひどい言い方して!怒鳴られたわよっ!(自分のほうが怒鳴ってたくせに・・・)傷ついたわっ!もう出て行ってもらっても構いませんからね!!

 

メタボおっさんはというと

そーですかー。ふーん。へえー。あー。そーですか。

と曖昧に受け流していたが

「でもね、去年から入ってシロアリ問題や急に水が出なくなったりしてまたこれですか。それでいつも私達が労働者の監視とかランチとか世話してるんですけ」ブチッ(途中で大家に電話切られた)

 

大家さん、メタボが「うちのヤツにきつーく言っておきますからすみませんね。」と謝るのを期待していたのか。そりゃ無理だ。メタボは私よりも前に大家さんに切れて「二度と電話に出たくない」言っていたのだ。大家さんは怒りの通話中切り。

 

 

フンガー!こんなところ誰が住むかっ!!

と勢い次の物件さがそうとしたけど。ちょっと待てよ。落ち着いて考えてみよう。

 

 

考えた結果、引っ越ししないで反撃に出ることにしました。

 

さてメモ子と大家のキャットファイトはお互い引っ掻き合いながら大家に有利な前半でした。メモ子は心に打撃を受けております。立ち直れるかメモ子!作戦タイムが勝負だ!

 

後半に続く