トップページ > 旅する > スリランカビザ > ETAオンライン申請のやり方 その1(グループ申請)

ETAオンライン申請のやり方 その1(グループ申請)

このページはここのサイト管理人が独自に和訳し、説明しています。ETAの公式ページではありません。申請時に参考になれば嬉しいです。

事細かく説明していますので複雑そうに見えますが、いざ申請してみると結構簡単です。ネットショッピングと同じです。難しいのは認証キャプチャくらいです。

このページでは 短期滞在(観光、友人親戚訪問、スポーツ大会出場、アーユルヴェーダなど)のETAグループ申請の説明をしています。

 

メモ子の顔アイコンETA料金表

一人あたりの料金短期滞在(観光)
2回まで入国
30日間有効
短期滞在(商用)
複数回入国
30日間有効
乗り継ぎ
1回まで入国
2日間有効
12歳未満
オンライン申請料US$35US$40無料無料
在外スリランカ公館で申請US$35US$40無料無料
スリランカの空港で申請US$40US$50無料無料

メモ子の顔アイコン申請前に気をつけておく点を挙げてみました。

注意する点

  • 全員のパスポート、代表者のクレジットカード、飛行機のチケットまたは日程表、スリランカでの宿泊先(1箇所)をお手元にご用意してから申請してください。
  • 使用できるクレジットカードはビザ、マスター、アメリカンエキスプレスです。
  • ETAはフォームに入力したe-mail アドレスに送られるのでe-mailアドレスは必ず記入してください。ETAを印刷するのでパソコンのアドレスをおすすめします。
  • クレジットカード支払画面でPAYをクリックするまでは、いつでも画面を閉じてキャンセルできます。反対にPAYをクリックしたらデータが相手に送られてキャンセルできません。払い戻しもできません。
  • 入力は半角英数字です。
  • *印が付いている項目(水色の入力ボックス)は入力必須ですので、必ず入力します。
  • 灰色の入力ボックスは任意入力です。入力しなくても構いません。
  • ここで入力ミスがあっても後で最終確認画面から修正できます。
  • 記入欄によってハイフン、コンマ等が使用できないものがあります。(Company Name、Cityなど)その場合はエラーメッセージまたは自動修正がされます。
  • コピー&ペーストはできません。
  • 支払い画面では長時間何もしないと入力内容が無効になり、申請書入力からやり直すことになります。

メモ子の顔アイコン それでは実際にETA申請方法を説明します。

よろしくお願いします。

1. ETAのホームページを開きます。

http://www.eta.gov.lk

 

2. このようなメッセージが出てきます。

ジカ熱とかデングとかの情報もでている時がありますが、基本的には下の文章になってます。ビジネスカテゴリー復活

【メッセージ要約】
ビジネス目的のETA(短期滞在ビザ)は以下の機関でのみ受け付けます。在外スリランカ公館、コロンボの入国管理局、スリランカ空港入国カウンター。
このウェブサイト以外でのETAに対する支払いは認めていません。従って、他のサイトや代理人に支払った領収書では正規の支払いとはみなされません。同じくETA受領書やETA証明書も政府発行のもの以外は認められません。正規ETAと認められない場合は空港でビザを取り直さないといけなくなるので気をつけましょう。

 

3. 注意書きなので観光ETA申請の方は気にせずOKをクリック。次の画面へ切り替わります。

 

4. 左のSelect Languageの日本語をクリックします。

 

5. 適用(Apply)タブをクリックします。

クリックすると自動的に申請ページが開きます。
日本語ではETAについての説明がありますが申請は英文のみです。

申請ページタグ

 

6. 規約のI Agreeをクリックします。

Terms_condition_for_apply_web

【規約要約】
申請にあたって偽りや架空の情報を記入したときは入国を認めません。
1. 入国カウンターでETAと共に往復チケットと滞在期間に十分な金額を提示しなければいけません。

2. ETAは賃金の有無や職種のいかんに関わらず、雇用は許可しません。
3. ETA料金はクレジットカードでの支払いです。料金は予告なく変更になります。
4. なにか問題があったりしたときはスリランカ入国管理局があなたの連絡先に問い合わせします。
5. 申請内容に嘘や偽りの内容を書いてはいけません。
6. このウェブサイトをビザ申請目的以外で使用してはいけません。
7. (1)パスポート番号、国籍、誕生日は正確に入力してください。
間違えて申請して入国時に却下された場合再申請となりビザ料金も払い直しです。
(2)スリランカ入国する時はビザを申請したパスポートで入国してください。

 

7. 申請するETAの種類が自動表示されます。

ここではグループ観光用のETAを取るので、画面左のTourist ETAカテゴリーにあるApply for a Group(グループ申請)をクリック。
申請画面に自動的に切り替わります。右には申請の手順が書いてあります。

note2016-11

【右側の申請の手順 要約】
1. ETAオンライン申請フォームに入力します。
2. 入力した内容を最終確認画面で再確認して決定します。
3. 支払い方法を選択して支払います。(ビザ、マスター、アメリカンエキスプレスのどれか)
4. ETA受領書を印刷します。

 

8. 申請画面になるので、渡航情報の情報を入力します。

Travel Information-Tourist-Group欄に必要な情報を入力します。
入国予定日
入国目的
スリランカに出発する時の空港
航空会社
便名
2014.1グループ_申請フォーム

9. その下のContact Details欄に代表者1名の連絡先を入力します。

入力するのは代表者の
住所
電話番号
メールアドレス
スリランカでの滞在先(必須ではない)
認証キャプチャ(英数字の入力)
グループ_申請フォーム_2

 

9. Contact Details欄のメールアドレスにETAが送信されるので間違えないように入力します。

でもここで間違えても最終確認画面で訂正できます。
このメールアドレスに許可証が送られてくるので携帯アドレスではなくパソコンのアドレスを入力します。
Nextボタンをクリックして次に進みます。
グループ_申請フォーム_3

 

10. 代表者を含む全員のパスポート情報を入力していきます。

一人目のパスポート情報を入力した後、ページ下のAdd Memberをクリックして次の人のパスポート情報を入力していきます。

年齢に関係なく、お子様も大人と同様にパスポート情報を入力します。最後の確認画面では12歳未満のお子様は0ドルと表示されます。

苗字、名前、タイトル、誕生日、性別、国籍、生まれた国、現在住んでいる国、職業、パスポート番号、パスポート発行日と期限日です。

グループ_申請フォーム_4

11.日本では現在子供の併記は認められていませんので、無視して12.に進みます。

親のパスポートに併記されている16歳未満のお子様がいる場合は、情報を入力します。 パスポート併記の場合子供用

 

12. その下のDeclaration(宣言) 欄に入力します。グループ_申請フォーム_5

下の手順1.から4.を繰り返して全員のパスポート情報を入力します。

  1. パスポート情報入力
  2. Declaration(宣言)ボタン3つNoをクリック
  3. 「I would like to confirm the above information is Correct」ボタンクリック
  4. Add Memberボタンクリック。下の一覧表に今入力した人の情報が表示されます。画面最初のMember Information-Tourist-Groupに戻って次の人のパスポート情報入力

全員の入力が終わったらNextをクリックして確認画面に進みます。

Declaration1.2.3.で一つでもYesに当てはまるとETAは発行できません。
1.有効なレジデントビザ(在留ビザ)を持っている。
2.現在スリランカ国内に滞在中で、有効なETAを保持または延長手続き中。
3.有効な数次入国ビザを持っている。

Declaration 「I would like to confirm the above information is Correct」のチェックが見落としやすいです。その後、Add Member(上の渡航者申請)ボタンをクリックします。そうすると下の一覧表に今入力した人の情報が表示されます。

 

13. 最終確認画面です。

グループ_申請フォーム_6

(表では30ドルとなっていますが、これは料金改定前の表なので現在は新料金が表示されます。)

渡航情報を訂正するにはChange Travel Infoをクリックします。
渡航者情報を訂正するにはChange Member Infoをクリックします。

12歳未満の人は料金が0 USD(無料)と表示されます。
この例だと大人2人で合計70ドルです。

内容に間違いがなければConfirmをクリックして支払い画面に進みます。

 

あともう少しで終わります!次は最後の支払い手続きです。

→ ETAオンライン申請 支払い画面説明ページへGO

 

*これはここのサイト管理人が独自に和訳し、説明しているETA申請方法のページです。ETAの公式ページではありません。原文に忠実に和訳し正確な説明を心がけていますが、ETAに関するトラブル、損害においては一切の保証・責任を負いかねます。

memoko_icon_30_30

8 thoughts on “ETAオンライン申請のやり方 その1(グループ申請)

  1. 丸岡様
    その場合JL7077で問題ないと思います。
    無事ビザが発行されますように。
    楽しいスリランカ旅行を。

  2. 管理人 様
    大変分かりやすいサイトで助かります。質問なのですが、使用する航空会社がJALのコードシェア便スリランカ航空でJL7077便ですが、その際の航空会社はどのように記入すればよいでしょうか。お手数ですがご教示お願いします。

  3. ヨッシー様
    そうですね。グループ申請でトランジットビザを2回取ることになります。先ずは27日夜滞在用のビザを取ります。
    その後スリランカを出国後、改めて30日夕方滞在用のビザを取ります。
    ビザはパスポートにつき1つしか発行されないからです。2つ目を申請しようとしても「既にビザが発行されています」と弾かれると思います。もしかしたらトランジットビザは複数取得可能かもしれませんが、うーん、多分出来ないような気もします。
    ということはモルジブ滞在中に帰りのトランジットビザを申請するようになりますね。
    モルジブいいですねー。楽しんでください!

  4. チェンナイで勤務しているのですが、今月末にディワリがありモルジブに2泊3日で友人と二人で逃げようと思っています。
    その際に往復(27日夜と30日夕方)それぞれ、コロンボでトランジットを行う予定でいます。
    これはそれぞれ、2日ともトランジットビザのグループ申請を別に行う必要があるのでしょうか。お忙しい処御教授頂ければ助かります。

  5. corolla111gt様
    無事ビザ取得され良かったですね。
    世界遺産、本場の紅茶ぜひ楽しんでください。
    今このコメントを入力しながらセイロンティー飲んでます!
    美味しいですヨ。

  6. 管理人メモ子様

    スリランカ旅行を予定しており、こちらのブログを楽しく拝見させて頂いています。

    色々な情報が盛りだくさんで今から楽しみにしております。

    夫婦でツアーに参加ですが、こちらのETAオンライン申請の説明を何度となく読み、
    昨日無事に申請が受理され、最初のメールの6分後には2通のメールが届きました。

    仕事の関係上お盆の連休を利用しての旅行ですが、スリランカの世界遺産や本場の
    紅茶等など、楽しんできたいと思います。

    この度は、どうも有り難う御座いました。

  7. 末田様

    当サイトを見ていただきありがとうございます。
    失敗1のChild Imformation誤入力ですが、再度お子様の分だけグループ申請してはいかがでしょうか。12歳未満なら申請料無料ですし、空港で申請するのも落ち着かないと思います。
    失敗2の入国日は全然気にしなくていいです。ビザの有効期限内であればいつ入国してもビザは有効です。

    入国管理の問い合わせは対応してるんだか分からないですよね。
    楽しいスリランカ旅行になりますように!

  8. このサイトにもっと早く出会えてたならよかったなぁ、と思うほど分かりやすく丁寧です。ありがとうございます。
    この8月に家族で旅行するのですが、一人ずつビザを申請していました。なんとか受理されプリントアウトして旅の持参物に用意しています。パスポート番号や氏名などは記入ミスなく大丈夫だと自信があるのですが以下2点について。

    失敗1:しかも、同行する12歳未満の子どもが4人いるのですが、夫の申請時にChild Information欄にチェックし、その4人を記入してしまいました。
    失敗2:また、Arrival dateコロンボ到着日を、日本出国日を間違えて前日の日付で記入してしまいました。

    以上の誤りについて、出入国管理の問い合わせ先にメールを送りましたが(たどたどしい英文で)返事がありません。開封要求もしていましたが未開封みたいです。

    そこで恐縮なのですがお教えください。

    失敗1について:12歳未満のビザ申請は空港でやった方が良いでしょうか。現地での申請に時間がかかるのであれば、事前にネットで一人ずつ個人申請をやっておいたほうが良いでしょうか。残り4名は、11歳、3歳、1歳2名です。子どもだけのグループ申請も可能なのでしょうか。

    失敗2について:過去の記事にあったのですが確認させてください。ビザ申告日が、実際の到着日より前の日付であれば失敗が訂正できずとも入国を拒否される心配はないのでしょうか。

コメントする (コメントは承認後、下のコメント欄に表示されます。)