トップページ > 旅する > スリランカの見どころ

スリランカの見どころ

小さな島に見どころがギュッとつまったスリランカ。世界遺産が8つもあります。
だから世界遺産を見学した次の日にビーチでアーユルヴェーダ体験、その次の日はサファリツアーに、そのまた次の日にはくじらウォッチングツアーなんてことも可能です。
スリランカのおもな観光名所と見どころを簡単にご紹介します。トラベルプランを立てる時にお役に立てばウレシイです。


dambula
世界遺産
スリランカには世界遺産は8ヶ所登録されています。史跡や遺跡、仏像には当時の面影がまだ強く残っています。

スリランカの中央高地 場所空港から車でコメント
聖地アヌラーダプラアヌラーダプラ
(北中央地方)
約5~6時間B.C 5世紀からA.D11世紀に栄えた古代都市です。
その樹の下でブッダが悟りを開いたと言われる菩提樹の小枝をインドから持ち込み、現在は大きな菩提樹として仏教聖地なっています。
1982年に文化遺産として登録。
古都ポロンナルワポロンナルワ
(北中央地方)
約5~6時間A.D.11世紀から13世紀に栄えた古代都市です。
スリランカの中でも学術上価値が高い遺跡(円形の仏塔跡、釈迦涅槃像、立像、座像の三体など)がたくさんあります。
1982年に文化遺産として登録。
古都シーギリヤシーギリヤ
(中央地方)
約5~6時間1世紀に作られた巨大岩の要塞と王宮跡があります。
実父である先代の王を殺して王座についたカシャパ王。豪華宮殿を巨大岩の上に建てたのに、あんなに頑丈な要塞をつくらせたのに最後は弟に殺されてしまいます。
昼は暑いので朝がおすすめです。
1982年に文化遺産として登録。
ダンブッラ黄金寺院ダンブッラ
(中央地方)
約5~6時間紀元前3世紀に洞窟の中に建設された僧院が、12世紀に金箔に塗られて黄金寺院となり現在に至ります。
ここだけの話。黄金ブッダの下にいる鬼?はシーギリヤをマネッコしたかのよう。でもなんだか閻魔様が吠えてる地獄の入口のようです。ここの世界遺産は閻魔様でなくその横にある洞窟寺院。
1991年に文化遺産として登録。
聖地キャンディキャンディ
(中央地方)
約2~3時間シンハラ王朝の最後の都です。
お釈迦様の歯が奉られているお寺(仏歯寺)や、仏歯を乗せた象やダンサー達が街を行進していく(ペラヘラ)お祭りが有名です。
1983年に文化遺産として登録。
ゴール旧市街地と
その要塞郡
ゴール
(南西海岸)
約2~3時間A.D.17世紀からの植民地時代に建設された要塞都市です。
人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例として1988年に文化遺産として登録。
今はオシャレなカフェが並ぶオシャレさんの街。
シンハラジャ森林保護区シンハラジャ国立公園
(南部地方)
約4~5時間絶滅の恐れのある種や、スリランカにしかいない種類の樹木、昆虫、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類などが生息しています。
1988年に自然遺産として登録。
スリランカの中央高地 ピーク・ウィルダーネス
保護区

ホートン・プレインズ
国立公園

ナックルズ
保護森林

(中央地方)
-絶滅の恐れのある種やスリランカにしかいない種類の植物、哺乳類、鳥類などが生息しています。
中央高地には聖山アダムスピークやワールド・エンドがあるホートンプレインズがあります。
2010年に自然遺産として登録。

 


beach
ビーチ
島国スリランカは色々なビーチがあります。楽しめるウォータースポーツや海の色など場所によって様々です。

地名位置空港から車で特徴
カルピティヤ北西海岸約1時間スリランカ政府がホテルや観光に力を入れている地域。
シーズンにはクジラやドルフィンウォッチングができます。
カイトサーフィンが盛ん。観光客が少なく穴場。
ネゴンボ西海岸15分空港から近い。
昔からの観光地なのでお店やレストランが多い。
マウントラビニア西海岸約1時間有名なマウントラビニアホテルがある。
昔からの観光地なのでビーチ沿いの店やレストランが多い。
カルタラ/ベントタ付近南西海岸約2~3時間海だけでなく、ベントタ川でボートに乗ってジャングル川探索もできる。川側ではジェットスキーなどスポーツアトラクションもあり。
ヒッカドゥワ/ゴール付近南西海岸約3~4時間ゴールの世界遺産がある。
ウォータースポーツが充実しているだけでなく砂浜レストランもたくさんある。
スリランカ人の若者はヒッカドゥワのことをヒッカと呼ぶらしい。
ウナワトゥナ南西海岸約3~4時間ヒッカドゥワより更にカジュアル度高め。
海の色はエメラルドグリーン。ここから海と砂浜の色が透き通ってくる。
昔に世界で一番美しいビーチに選ばれたことがある。
波打ち際からすぐ深くなるので泳げない人は注意。
コッガラ/ミリッサ/マータラ南西海岸約4~5時間小さいブティックホテルや貸別荘が多く見られる。
このあたりはまだまだ観光地化されず人がほとんどいない。
遠浅のビーチで一日中ボーっとして過ごすにはとてもよい。スーパーやこじゃれたレストランはない。
シーズンには早朝からミリッサからクジラやイルカウォッチング船がいる。
アルガムベイ東海岸約6~7時間海沿いにヤーラ国立公園を遠回りしていく方法と、中央高地のハプタレあたりから南下していく方法がある。
サーファーズパラダイスと呼ばれるくらいサーフィンで有名なビーチ。
アルガムベイといえばサーフィン、またはスリランカ産おしゃれビーチサンダルのブランド名。
バッティカロア東海岸約7~8時間ハバラナ、ポロンナルワから東にずーっと走るとバティカロア。
スリランカで一番綺麗な海はバティカロアのパーシクダビーチだと言い張るスリランカ人もいる。
超高級ブティックホテル マールマール(fish fish)がある。
可愛い名前なのに値段はちっとも可愛くない。
トリンコマリー東海岸約7~8時間ハバラナ、ポロンナルワから東北にずーっと走るとトリンコマリー。
スリランカで一番綺麗な海はトリンコマリーのマーブルビーチだと言い張るスリランカ人もいる。
ボートで10分の小島でシュノーケルもできる(有料)。

 

bajajその他
スリランカといえばセイロンティー、宝石、象さん、スパイス、アーユルヴェーダなどなど。この他にも世界遺産に登録されていない仏教遺跡やヒンドゥ寺院、植民地時代の建物や列車などもあります。

場所位置空港から車で特徴
コロンボ
(都市)
西海岸約1時間スリランカ最大の商業都市。首都のスリジャヤワルダナプラコッーテよりまだまだコロンボのほうが賑やかです。
地方への鉄道、バス、道路はここからはじまり、ショッピングモールや高級ホテル、レストランが密集していてスリランカの地方都市とは全く雰囲気が違います。
残念ながら日系デパートや銀行はありませんが日本食レストランはいくつかあります。
ラトナプラ
(宝石)
中央地方約4時間スリランカが誇る宝石の町。お金持ちの町。
道沿いには宝石屋があり、ちょっと外れた道路では宝石採掘場が見られます。
ちなみに宝石の町ラトナプラの南のカタラガマには”宝石の川”の意味のマニックガンガーという川があります。川底には宝石のように綺麗な小石がびっしり詰まっています。
ヌワラエリヤ
(紅茶)
中央高地約5~7時間世界的には紅茶の産地として、スリランカでは暑い季節の避暑地としても有名です。
山道の横にどこまでも広がる紅茶畑を走り、紅茶工場に併設されている喫茶店で飲む紅茶はとっても美味!
長袖やジャンパーなどは現地調達できます。近くの工業団地で輸出用に作っている有名ブランドのアウトレット品が青空市場で売られているのです。
コロンボから車で行くのは疲れるワというスリランカマダム達はスリランカ航空のエアタクシーでコロンボ郊外からヌワラエリヤまで飛んでいくそうです。シーズンは4~5月。
一番暑い時期に皆ヌワラエリヤへ避暑に行くのです。リトルイングランドと呼ばれるからには、4月に競馬も開催されます。
ピンナワラ
(象の孤児院)
中央地方約3時間象さん大好きなひとは行って損はありません。
象の孤児院でミルクや果物をあげることもできます。ミルクをあげるには入場券と一緒に“ミルク飲ませ券”も購入します。果物はいつでもあげられます(有料)。
朝と午後に象さんたちは孤児院の職員さんに連れられて、近くの川に水浴びに行きます。(2時間の水浴び)川遊びの前後にミルクタイムです。
孤児院の近くには象さんに乗って30分散歩ツアーや川で象さんを洗おうなんていうお店もあります。
孤児院も象さん散歩ツアーも早寝早起きなので午後5時には閉まります。
サファリ
(国立公園)
各地各地サファリ地図スリランカにはサファリパークが各地にあります。
サファリによってシーズンや見られる動物が違うので事前に確認してから行くことをおすすめします。
旅行会社で事前にサファリツアー手配が一番確実ですが、「ヨシ!明日サファリ行こう」という人のために、ヤーラや有名なサファリ公園近くの大きなバスターミナルや駅では個人経営のサファリジープが客引きしています。
近くのホテルや民宿でも「サファリのジープ手配できる?」と聞くと「おぅ、知り合いがジープ持ってるよ」と電話をかけてくれることもあります。
テントやBBQつきのキャンプ施設もあります。

 

コメントする (コメントは承認後、下のコメント欄に表示されます。)



似たようなブログ記事もあるんです