トップページ > 暮らす > 携帯電話・インターネット

携帯電話・インターネット

固定電話
嬉しいことにスリランカから国際電話料金はあまり高くありません。日本の携帯にかける場合1分間18ルピー(13円)ほどです。※1
しかしやはりスリランカ、通話料金にかかる税金は、基本料金の20%がTelecommunication Levyとして課金されます。
さらに、インターネット接続には基本料金の10%が課金されます。おまけに2%の税金もかかります。通話料金を払っているんだか税金を払っているんだか分からないですよね。
最近はCDMA電話という無線固定電話も普及してきています。

主な電話会社
スリランカ テレコム
ランカベル

 

携帯電話
スリランカはSIMカードを携帯電話に差し込んで使用します。SIMカードは毎月払いまたはプリペイドから選べます。
外国人がSIMカードを購入する場合はパスポートの提示が求められる場合があります。
日本への国際電話は日本の携帯にかけると1分間約22ルピー(16円)です。※1

* 空港でプリペイドSIMを買う
お使いの携帯電話がSIMフリーであれば、空港にある携帯電話会社のカウンターでプリペイドシムカードを購入できます。
データ通信もできますので便利。カード購入した時にデータ通信セッティングが必要か確認してもらいます。(カウンターが混んでいると軽く無視される)

* プリペイドカードにお金をチャージする
雑貨店やコミュニケーションセンター(電話をかけたりコピーをとったりしてくれるお店のこと出会いの場ではない。)でプリペイドカードを購入できます。
リチャージや設定は店のギークな若いお兄さんが得意です。携帯電話を売っているお店の店員さんも頼りになります。
スーパーでは備え付けの申請用紙に電話番号と金額を書いてレジに持って行くとその場でリチャージしてくれます。

詳しくは List of mobile network operator

主な携帯電話会社
ダイアログ
モビテル
エティサラ
エアテル
ハッチ

 

インターネット
ブロードバンド、モバイル通信が利用できます。モバイル通信はSIMカードをUSBスティックに入れてパソコンに接続する方法です。スリランカでUSBスティックはドングルと呼ばれています。最近ではモバイル4G LTEが出てきましたが、速度はまだまだ日本並みとはいきません。

プリペイドSIMでデータ通信付のパッケージであればテザリングでインターネット接続ができます。

公共の場で無線LAN(wifi)はほとんどありません。地方では皆無です。

主なプロバイダー
スリランカテレコム(Sri Lanka Telecom)
ダイアログ (Dialog Axiata)
モビテル(Mobitel)
エティサラ(Etisalat)
エアテル(Airtel)

※1 金額は契約によって変わります。

 

コメントする (コメントは承認後、下のコメント欄に表示されます。)