トップページ > 2016年 > 11月

トラック生首が並ぶ

スリランカで日本に関係するビジネスナンバーワン。車関係ですね。

車をスリランカに輸入して現地で売るの。

それだけでなく、シャベルカーとかバスとかも。

車の部品ていうのもよく聞きますね。カーパーツ。シートとかエンジンとかハンドルとか?

 

この前トラックの部品屋さんで生首見たよ。

トラック生首

 

トラックのショーケースみたい。

買ったらどうやって繋げてくれるんだろうか。

トラック生首

中にもゴロゴロいろんなのあるね。

 

こういう日本ではあまりお目にかかれない商売がスリランカにはあります。

 

スリランカビザページを更新しました。

スリランカまみむメモをいつもご覧頂きありがとうございます。

このサイトで一番読まれているのはスリランカビザ申請のページです。

ブログなんてねぇ~オマケのような存在ですよ。

 

スリランカビザ申請方法ページを作成してからはや数年。料金改定されたので、見直しして内容更新しました。せっかく見てもらってるのに古い情報ではイカンでしょ。

変わったのは料金(もちろん値上げ)と商用ETAの復活が主です。

短期滞在ビザ(ETA)

ETAオンライン申請のやり方(個人用)

ETAオンライン申請のやり方(グループ用)

 

久しぶりに公式ETAページを確認していたんですが、注意書きの多いこと。

こんなトラブルが実際発生しているんだなと想像できますね。

2重国籍で2つのパスポートを持ち、A国のパスポートでETA申請したけどB国のパスポートで入国しようとしたとかね。

でもさ、35ドルってどうなんかな。3500円。まったく外国人料金である。モルジブはビザいらないのにね。

世界遺産の入場料も露骨な外国人料金だし。サービスは同じなのに。

 

仕事で着ている人や家族のレジデントビザは1年間2万ルピーです。5年住んだら翌年は50%OFF!なんてあればいいのにね。

そんな外国人ボッタクリ料金制度のなかで唯一!やるじゃんと思ったのが、スリランカ人の配偶者ビザです。これは無料なのよ~。ありがたや~。

なんで無料なのか気になるところだけど、やぶ蛇になるのでそっとしておきましょうね。

 

あとほとんど見られていませんがスリランカホテル、レストラン情報ページなんかもあったりしますが、数年前から更新していないのであまり役に立ちません。ちょっとずつ更新するかバッサリ切るか迷ってるとこ。