トップページ > 2014年 > 8月

フード、パッケージ展に行ってきた ココナッツ編

最近テレビでやたらとプロセスフード展の宣伝していたので、どんなもんかなと行ってみました。

会場はおなじみのBMICH。結構人が来てる。

正式にはプロセスフード、ドリンク、パッケージ、アグリカルチャー展です。

外では料理番組の公開録画をしていた。

フードエキスポ

 

ビスケットとか紅茶とかスリランカの漬物とかジャムとかありました。

アグリカルチャーのお店は野菜ツリーがディスプレイ。

フードエキスポ

 

よく見かけたのが今流行の?ココナッツオイル製品です。本家本元スリランカココナッツ開発庁のブースにお邪魔。いろんな瓶がありますが中身は同じバージンココナッツオイルだって。

ココナッツオイル

 

ヘアケア製品もありました。ココナッツ開発庁だから全部ココナッツオイルなの。

ココナッツオイル

缶のピニャコラーダもあった。輸出してるらしい。

 

ココナッツの白い果実を乾燥させるとこのようになります。これを絞ってココナッツオイルとなるそうです。

ココナッツ

 

ココナッツのおじさんです。うまい!

ココナッツ顔

 

こちらもココナッツのおじさんです。こわい!

ココナッツ顔

 

こういうおじさんよく歩いてるよね。サロンはいて歩いてるの見る。

ココナツオイルよりこのココナッツおじさん達のほうが気になって仕方なかったー。

 

長くなるので続きます。次回はスリランカの国立大学生フードプロジェクト、これは何だ?のザ!クイズです。

続く。

 

カトナヤケ空港 飛行機降りてから外にでるまで

日本に一時帰国し、スリランカに戻った時のカトナヤケ空港です。飛行機を降りてから建物の外に出るまで写真を取ってきました。「スリランカの空港ってどんなだろう」と思っている方達の参考になれば嬉しいです。

飛行機でたところ。Arrival/Transitの矢印に進んでいきます。

1. 飛行機降りたところ

ズンズン歩いていきます。結構長い。

2. 動く歩道のある通路を通って

 

動く歩道のある通路を通ってサムソンのスクリーンでスリランカの風景見せてます。もうすぐ通路終わり。

3. サムソンのスクリーンでスリランカの海なんか見せてます

 

 

仏様お出迎え。良い旅になりますように。

4. 仏様お出迎え

 

インフォメーションデスク(案内所)。奥にあるのはvisa no arrival

5. information デスク

 

Visa on arrival。空港のビザ申請カウンターです。夜中でも開いていました。

6. Viza on Arrivalカウンター

 

次は入国審査局(Immigration)です。

 

入国審査局を無事通過すると免税店が並びます。電化製品もありますが旅行者は買えません。

チョコレートはシンガポールの免税店より安いよ(たぶん)!

7. イミグレーションの次は免税店

 

免税店過ぎたらエスカレーターで下へ。右側にエレベータもあります。

8. 免税店を抜けたらエスカレーターで下へ

 

エレベーター降りたら、機内預けの荷物を取りに行きます。日本からの到着便はたいてい、右手奥の2番、3番のベルトにでてきます。でてくるには結構時間かかります。そしてベルトが短いので、最初の方にでてきた荷物はベルトから降ろされて床に置かれていることもあるので、要注意。床も見てみましょう。

9. エスカレーターおりたら機内預かりの荷物を受け取るベルトあり

 

 

空港の係員が、荷物タグと荷物を照合するときもあります。今日はありませんでしたので、まっすぐ税関へ。みどりの(Nothing declare)のほうです。係り員はいませんでした。

10荷物受け取ったら税関(申告なし)へ

その後、「外国人用(Foreign passport holder)」と書いてある方に進み、両開きの「EXIT」と書いてあるドアを目指します。その前に荷物とパスポートのチェックがあることもあります。「何入ってるのコレ」「本とか衣類とかです」「Ok!」てな感じ。今日はチェックなしでしたんで そのままExitのドアから外へ。

11. 両替の銀行沢山

銀行がいくつかあるので、必要なら両替をしてください。レートは市中銀行と同じ、ホテルよりはいいです。

12. お出迎えロビー

待ち合わせロビー。ここで、ボードをもってホテルや旅行会社のお出迎えの人がいます。お出迎えの人を間違えないように。出迎えの予定がないときは、声かけられても知らんふりしてね。

この奥の黄色いEXITを出たらもう外です。一旦外に出たら、空港には戻れませんので、忘れ物ないように。トイレも。

タクシーのいる人は、このロビー右手にあるカウンターで手配してもらってね。

 

いかがでしたか?それでは楽しい旅を!