トップページ > 2014年 > 1月

ETA短期滞在ビジネスビザ、復活…

コロコロコロコロコロコロコロコロコロコロリンと変わるスリランカの規則。

またやってくれました。

去年夏に短期滞在ビザのETAビジネスカテゴリーが廃止になりました。 そして、たった5ヶ月で、復活しました・・・。

記事 2013年7月に廃止になったビジネスカテゴリー

ビジネスカテゴリーを廃止して、観光ビザを統合してみたものの、苦情が殺到して復活させたのでしょうか、悪用する人がいたのでしょうか。

しかもビジネスカテゴリー、今度はオンライン申請が不可になっている。

スリランカETAのホームページを開けるとお知らせボックスがこんなふうに変わっていました。 ビジネスカテゴリー復活

【メッセージ要約】
ビジネス目的のETA(短期滞在ビザ)は以下の機関でのみ受け付けます。在外スリランカ公館、コロンボの入国管理局、スリランカ空港入国カウンター。
このウェブサイト以外でのETAに対する支払いは認め ていません。従って、他のサイトや代理人に支払った領収書では正規の支払いとはみなされません。同じくETA受領書やETA証明書も政府発行のもの以外は 認められません。正規ETAと認められない場合は空港でビザを取り直さないといけなくなるので気をつけましょう。

 

ビジネスカテゴリーは、オンラインでは申請できません、スリランカ大使館か空港カウンターで申請してくださいということですね。

そしてETA観光カテゴリー申請書にあった”入国目的”選択欄からVisiting Project Related Matters(プロジェクト関係。ビジネス関係はここを選択していた。)が消えていました。

コロンボの入国管理局で申請出来るのは代理申請人ということでしょうか。申請するのに別の提出書類が必要なのかな。そこのところはわかりません。

空港カウンターで申請したら「はい、あなたのビジネスビザは申請書類が足りないから却下です、観光ビザで入国してください。」と言われる被害者?多そうです。

ビジネス出張のためにわざわざ大使館まで行かなきゃいけないなんてねぇ・・・。ちょっとくらいの出張なら観光カテゴリーでいいと思うんだけど。どうなんでしょう。

もう、ビシィーッと決定したら変更なんてしないでほしいよ。でもこの復活もまた変更になりそうな予感。

 

関連ページ

【情報ページ】 スリランカビザ

【情報ページ】 ETAオンライン申請のやり方 その1(個人申請)

【情報ページ】 ETAオンライン申請のやり方 その1(グループ申請)

【情報ページ】 ETAオンライン申請のやり方 その2 支払い

【情報ページ】 ETAオンライン申請のやり方 その3 申請後

【ブログ】 短期滞在ビジネスETAビザが廃止されました。 (廃止から復活したのでこれは関係ありませんね)

【ブログ】 乗り継ぎビザも変更になっていました。

 

カトナヤケ空港から市内へ

スリランカの玄関カトナヤケ空港から高速道路が開通して30分でコロンボ市内へ行けるようになりました。

スリランカの名物?大統領の看板は全国いたるところにあります。新しく出来た政府の建築物はもちろん、道路に立ってる看板、公営バスの後ろ、屋台の雑貨屋などなど。白いシャツに赤いマフラーが目印。

スリランカのカトナヤケ空港から高速道路に入るところにマヒンダ君、いえ、大統領の全身看板が巷の噂になっている今、その姿をカメラにおさめとこうと思いました。ちょうど空港に行く用事もあったし。

でも撮ってどうしよう、別にファンでも何でもないし。ブログネタにしかならない写真ですがいつか役に立つかもしれません。ところが、空港からコロンボにさあ戻ろうというとき皆が「夜中だし道も空いてるから一般道路で帰ろう」と言い出して残念写真は撮れませんでした。

これが一般道。夜1時頃だったから空いていました。

空港から市内の道路

 

お茶しようと途中喫茶店に。一般道で帰ろうの言い出しっぺはお腹が空いていたらしい。何時であろうと出かけたら絶対何か買い食いしいメタボ街道まっしぐらのオッサンです。

空港から市内の道路 店

夜中なのに軽食からライスアンドカレーまで揃っていた。翌日の朝食用パンを購入。

外には番犬?がお休み中。スリランカの犬にしてはお行儀よく寝てるなあ。ほとんどのスリランカの犬は人間みたいに横向きに手足伸ばしてデロ~ンと寝てるよね。

空港から市内の道路 犬

 

高速道路料金は片道300ルピー。夜中はともかく昼間は一般道路はいつでも渋滞だから高速道路で行ったほうがいいと思います。

ちなみにこれが一般的なスリランカ犬の寝かた。横に寝るから口も半開きになる。枕を置いてあげたいー。手足が揃っているのでこれはこれでお行儀がいいのだ。

ゴールフェイスグリーン